お酢は成人予防の強い味方

 成人病予防の第一条件として、血液と血管の正常化を問題にしなければなりません。
 日本人に動脈硬化が多い原因の一つに、珪酸の多い土壌と食生活が指摘されています。
日本の標準的土壌には、欧米の数倍から数十倍の珪酸が含まれています。ですから、河川の水も飲料水となる地下水も、この土壌で育つ農作物も珪酸を多く含むことになります。
 この珪酸が体内で血管組織の成分と結合することで、動脈硬化が進むといわれています。

 お酢の成分には、この珪酸を体外に排出する働きをするものがあり、血管での乳酸タンパク質の合成を防止することとあいまって、動脈硬化を予防、改善するのに有効なのです。

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。