お酢で漆器や陶器のお手入れ

大切な漆器や陶器をお手入れで傷つけないために
 朱塗りや黒塗りの漆の茶碗、土の手触りが心地よい焼き物の器。高価なものも多い漆器や陶器ですが、器好きにとってはたまらない魅力があります。お気に入りのものを、ひとつひとつ集めているという人も多いと思います。

 新しい漆器には、漆特有のにおいがあるので、使う前のお手入れが大切。といっても、酢を含ませたふきんでひと拭きし、あとは、水拭きするだけ。これで、漆のにおいが取れて、気持ちよく使い始めることができます。

 また、陶器は磁器に比べてキメが粗く、表面がざらざらすているものもあって、油汚れがきれいに落ちなかったり、料理の色が染込んでしまったりということがあります。

 だからといって、研磨剤などでゴシゴシ洗うのは禁物。せっかくの陶器をき傷つけてしまうので、洗剤で洗っても落ちないときは、酢を含ませたスポンジでこすり、あとで水洗いしましょう。。または、酢水につけおきし、水で洗い流します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。