お酢の主な成分

酢酸、クエン酸などの有機酸
 お酢の成分といえば、酢の文字が使われているように酢酸が中心です。酢酸もクエン酸も炭素をもった、有機酸と呼ばれる食用酸の仲間です。
お酢には、そのほかにも各種のアミノ酸、リンゴ酸、コハク酸、酒石酸などの60種類以上の有機酸が含まれています。

 お酢と同じく、クエン酸などの有機酸が豊富なことで人気の健康食品に「梅干」があります。昔から「梅(梅干)はその日の難のがれ」とか「医者を殺すにゃ刃物はいらぬ、朝昼晩に梅を食え」などといわれる梅干の効能は、大半がクエン酸などの有機酸の働きといわれています。しかもお酢は梅干のような塩の心配もないので、より優れた健康食品といえるでしょう。

ミネラル、ビタミンを助ける成分
 お酢は、ミネラルやビタミンなどの微量栄養素については、決して優秀な食品ではありません。最近重要視されはじめた繊維質も、もちろん含まれておりません。
しかし、お酢にはほかの微量栄養素が豊富な食品と一緒に食べられることが多く、この点での心配は無用と思われます。
 しかも、お酢にはほかの食品の微量栄養素の調理などによる破壊を防止したり、体内での消化吸収率をあげ、組織内で活性化する働きもあるのです。
ビタミンCやカルシウムが単独より、お酢と一緒になってその効果が増大することなどが、動物実験で明らかになってきています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。