酢の働きについて

疲労回復
クレプスの理論(クエン酸サイクルの理論)で、エネルギーが作り出される流れの中でのクエン酸の働きが実証されています。人の身体に生まれた時から備わっている機能ですが、大人になるにつれ、働きすぎやストレスなどのためにその回転は鈍ってきます。
そのサイクルの中で、焦性ブドウ糖なるものが消化し切れなくなると、組織の中に乳酸が蓄積されていって、所謂、疲れを感じることになります。

このクエン酸の働きで乳酸が減少して疲れが軽減されて行くようです。だからお酢を摂ることは、そのサイクルを活性化させる早道と言えるのです。

また、この乳酸が慢性的にたまると身体は酸性に傾いてしまうのですが、クエン酸が胃を通過して十二指腸へ移動する過程でクエン酸ソーダに変わり、弱アルカリ性にしてくれます。

血液をサラサラにしてくれる
これは血液中のカルシウム等の金属イオンを打ち消す働きによるものです。金属イオンは活性酸素をつくる触媒になるので、運動によって生じる活性酸素対策にもクエン酸を補充することは、効果的です。

代謝を高める
体内に余分に蓄積された脂肪を燃やして、エネルギーに代えて行く過程でもお酢は大活躍!代謝が高まり、血中コレステロールを下げたり、中性脂肪を減らすことから、ダイエット効果も期待できます。

唾液の分泌を高めることで消化を助けたり、食欲を増進させる

殺菌効果がある

などなどが挙げられます。積極的にお酢を摂って、健やかな毎日をお過ごしください。

クエン酸とは
梅やレモンに多量に含まれる有機酸の一種。
細胞内で栄養分をエネルギーに変える代謝経路であるTCA回路(クエン酸回路)を活性化する。
クエン酸が不足するとTCA回路が十分に機能せず、疲労物質の乳酸がたまる。短距離走や筋肉トレーニングなど、筋肉への酸素供給が不十分なまま行う無酸素運動を行った後も、乳酸がたまって疲労感を感じる。
そうしたときにクエン酸をとると、乳酸はエネルギー源として再利用され、疲労感がなくなる。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24680659

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。